遺産を受け継ぐとは

相続とは、親や親族などが死亡したときにその財産を受け継ぐことです。
財産とは、土地や建物など目に見える資産、目に見えない現金や株券などもあります。
社会的に価値があると認められるものに対して税金がかけられます。
どのような形であれ、財産を受け継ぐときには、税が科せられる。
親や親族が存命なら、誰しも当事者になる可能性があるということです。

財産を受け継ぐ当事者になった場合でも、計算方法は難しくありません。
ただし、それは受け継ぐ財産の評価額が決まっている場合です。
計算方法を調べてみると、基礎控除が3,000万円です。
それに加えて相続人一人当たり600万円も控除されます。
つまり、現金評価額3,600万円までなら税金はかかりません。

3,600万円を超える財産を持っている人がどれくらいいるか?
土地や建物を所有している、都市部の住民は心配になるでしょう。
おそらく多くの人が該当することになるのではないでしょうか?

相続に悩んでいる人のための相談窓口

1位 日本法規情報

詳細はコチラ>>

法律問題でお困りの方必見!
全国800以上の登録事務所
あなたに合った近くの専門家

無料で案内!!

詳細はコチラ>>

2位 税理士ドットコム

詳細はコチラ>>

税理士と契約の人も注目!

・顧問料が高いから変える
・訪問頻度が少なくて心配
・提案やアドバイスがない
・相性が悪いので変えたい
・業界に疎いので困るから
・年代があわないから変更

不満のある人はクリック

詳細はコチラ>>

3位 グリップ

詳細はコチラ>>

マンション経営をするとこんなのが

私的年金・生命保険の死亡保障効果
相続税対策・節税効果のメリット!

トータル的なライフプランの提案

詳細はコチラ>>





こんな人達が真っ先に悩みます

最初に遺産や財産のことで悩む必要のある人はお金持ちです。
一般庶民には、無縁のことと言っても間違いではありませんでした。
税の計算方法が問題ではなく、親や兄弟の争いが問題となるのです。
トラブルの原因は、少額であっても少しでも多く財産をもらいたいと思ってしまうからです。
とくに持ち家などは、兄弟で分割して所有することはできません。
誰が家を取るかと言うことについて、揉めるケースが非常に多いのです。
親がなくなって、初めて兄弟が話し合いをするケースも少なくありません。
日ごろからコミュニケーションを取っていれば、このような問題にはなりません。

税金のことを考えるよりも大切なことがあります。
自分たち家族が幸せでいられるためにどうすべきか?考えることが重要です。
もちろん、無用な税金を払う必要は全くありません。
節税対策として仕組みを知っておくことも重要でしょう。


【相続税の対応地域】
札幌 函館 青森 秋田 岩手 山形 宮城 仙台 福島 新潟 群馬 栃木 茨城 千葉 埼玉 大宮 浦和 東京 八王子 立川 多摩 府中 品川 23区内 神奈川 横浜 川崎 静岡 浜松 山梨 長野 松本 富山 石川 金沢 福井 滋賀 大津 岐阜 名古屋 豊田 豊橋 岡崎 三重 奈良 和歌山 大阪 京都 神戸 姫路 岡山 鳥取 島根 広島 山口 香川 徳島 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 大分 宮崎 熊本 鹿児島 沖縄 那覇

スポンサードリンク