相続税は、法律によって定められています。

多くの人に関係していますから、関心を持っている人も少なくないでしょう。

日本の相続税の制度は、1951年に大きな転換を迎えました。

それはシャウプ勧告によって始まりました。

シャウプ勧告の内容は、財閥など一部のお金持ちへの富の集中を抑制するものです。

相続税の税率を高くすることによって、相続額を抑えることを目的とした法律です。


相続税と贈与税は、所得税に並ぶ重要な税として位置づけられることになりました。

特定の個人に富の集中を防ぐことは、一般庶民には影響を与えません。

つまり、基礎控除より少ない相続額であれば、税金を払う必要はないのです。

それから、2003年にも相続税の改正が行われました。

最高税率が70%から50%に引き下げられました。

同時に相続時精算課税制度が導入されました。

これによって生前贈与を簡単にできるようになりました。

財産を有効に使うことにより、結果的に経済効果を高めることが目的でした。


2015年1月からは、3,000万円+600万円×法定相続人数に変更になります。

例えば、夫が死去し妻と子供2人が財産を相続する場合ですと。

計算をすると、4,800万円から税金がかかることになります。

また、最高税率も引き上げられました。

課税財産の法定相続分が6億円超の場合には55%へと引き上げられます。



相続税の計算方法は、難しくありません。

生前贈与などを加味して、計算することが大切です。

全体を見なければならないため、複雑な計算方法があると思ってしまうのです。

相続税の対象となるのは、広範囲に渡ります。

親から譲り受けるものは、すべて相続税の対象と考えて間違いないでしょう。

もちろん、価値のある高額なものもありますが、経済的に価値がないのもあります。

相続開始前の3年間に贈与を受けていれば、それも相続税の課税対象となります。

生命保険や死亡退職金も同様です。

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|