相続税の計算方法は、国税庁のホームページなどに詳しく書かれています。

いろいろなパターンでの計算例が掲載されています。

ただ、今一つピンとこない人もいるでしょう。

そのために簡単に自分で相続税を試算できるシミュレーションが提供されています。

銀行が提供している場合もありますし、個人が作成したフリーソフトもあります。

どれを使用しても計算方法は同じですから、相続税は同じになるはずです。


計算をするにあたって、注意しなければならないことがあります。

シュミレーションのソフトは、いつの税率を採用しているか?と言うことです。

税制改正は頻繁に行われており、古い税率で計算すると大きな間違いとなります。

親の財産がどれくらいあるのかを知っている人はいるでしょうか?

もちろん、一緒に生活していれば、おおよその想像は付くでしょう。



財産として取り扱われるのは、自宅と仕事関係、そして貯金です。

基礎控除額を越えていなければ、課税されることはありません。

兄弟が多ければ、相続人が多くなりますから、控除額も大きくなります。

ただ、相続税を支払わなければならない人は、国民全体で考えるとわずかです。


シミュレーションソフトを利用する場合、いろいろな前提条件があります。

それは、相続する人数で金額が大きく変わるからです。

どのような人が相続できるのか?

相続する割合はどうなのか?と言ったことを考慮しなければなりません。

家族関係が複雑な場合、遺産をめぐって争いとなる可能性もあります。

生命保険や死亡退職金などは、別枠で計算する必要があります。

スポンサードリンク
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »