相続税の計算方法は、相続に関する法律で明確に定められています。

その計算方法を知っておけば、いつでも簡単に計算できます。

ただ、条件がいくつもあります。

実際にいくら払わなければならないかは、手計算では難しいでしょう。

使われるソフトは、Excelなどのパソコンを利用した計算が一般的です。


ネットを使って調べてみると、フリーのソフトとして提供されていることも少なくありません。

もちろん、パソコンの使い方を知らない人には無用の長物かもしれません。

そんな人は、自分で一生懸命計算するか?他人に頼むようにしましょう。

注意しなければならないのは、相続税に関する法律が時々改正されることです。

法律の改正によって相続税率が変わりますから、支払う税金も変わるのです。



相続する金額が最低ライン程度であれば、複雑な計算をする必要はありません。

保有する財産、土地や建物、貯金などたくさんあると注意が必要です。

相続税の計算をするくらいの遺産をもらいたいという人も少なくないかもしれません。

ただ、いつ自分のことになるかわかりませんから、知っておいて損はありません。


まず、相続する人数によって相続額は変わります。

税金も一人当たりの金額が少なければ、無課税となる割合が高くなります。

財産がないと思っていたら、意外とたくさんの遺産があったと言う話はよく聞きます。

土地や建物はすぐわかりますが、貯金や有価証券は調べないとわかりません。

スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |