相続税の申告とは!?

国税庁や税務署への申告の仕方は、とくに難しくありません。

ただ、計算方法を間違わないようにしなければなりません。

もちろん、頭を悩ますほど難しい計算方法ではありませんから、心配する必要はありません。

また、3,000万円の基礎控除がありますから、多くの人は課税対象から除外されます。

ただ、都市部の土地や建物を持っていると、話が変わってくるかもしれません。

これによって意外と資産価値が高くなってしまい、基礎控除を越えてしまうこともあるのです。

とくに日本の景気が良かったバブル期には、その傾向が顕著でした。

不動産の資産価値が高くなり、税金を払うことができなくなった人たちもいました。

相続や離婚で所有した共有不動産でお悩みの方

あなたの共有持分のみ買取いたします。




相続税の申告で難しくなるのは、子どもがいなかった場合です。

法律上は子どもがいなければ、孫に相続権が移ります。

孫もいない場合は、ひ孫となります。

映画で遺産相続の話が出てくるのは、このような状況になった場合です。

あなたに子どもや孫がいないのであれば、早めに対策をしておくことが重要になります。

事前に遺言書を書いておくのも、死後のトラブルを防ぐことになります。

もちろん、誰でも自分が死ぬ時のことまで考えているわけではありません。



相続税の申告で注意しなければならないことがあります。

それは、申告する期限です。

死亡から10か月が期限となります。

ただ、相続の内容について兄弟間で調整が付かなかった場合には、期限を延ばすことができます。

決められた期限、10か月を越えて申告を伸ばすことができるようです。

ただ、問題を先延ばしにしても解決しないことが多いです。

裁判などを起こすこともできるでしょうが、兄弟の溝を深くするだけでしょう。

遺産相続で揉めている兄弟は、周りから見てもいいものではありません。

自分たちがそのような立場にならないようにしたいものです。

スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |