相続税のことを知らない人は、ほとんどいないかもしれません。

ただ、具体的な課税額の計算方法を知っているでしょうか?

相続税と言う言葉だけを理解して、その内容についてはわからないのが実態です。

もちろん、遺産相続するのは親が亡くなったときだけです。

日ごろから考えている人は、ほとんどいないでしょう。

しかし、相続税の節税対策として生前贈与を有効利用することが賢い消費者です。


親の死亡で高額な財産を相続すると、課税額も高くなります。

それを避けるために、死亡する前から財産を分けてもらうのです。

生前贈与では、何年間もかけて財産を贈与することができます。

もちろん、すべてが非課税になるわけではありません。

一定金額までは非課税ですが、それを越えると贈与税が課せられます。

インターネットのブログなどで詳しいことを調べてみましょう。



相続税の対象から外れる項目もあります。

墓所や仏壇などの他に公益法人に寄付した財産。

生命保険の一定額、死亡退職金の一定額です。

もちろん、この他に基礎控除(平成27年1月から変更)があります。

3,000万円と一人当たり600万円を加えた額が基礎控除です。

高額な遺産を相続する人に対する相続税は、累進課税となっています。


あなたの親がどれくらいの遺産を持っているかは、調べなければわかりません。

ただ、日常生活を見ていると予想ができるのではないでしょうか?

計算方法を調べるまでもありません。

3,600万円を超える財産があれば、裕福な暮らしができるから?


いままで、国民の中で相続税を払っているのは全体の5%未満でした。

ほとんどの人は、相続税と無縁な生活を送ってきていました。

ただ、平成27年1月から基礎控除が引き下げられ税率が引き上げられました。

とくに都市部に住む住民を中心に該当する人たちが増えてくると思われます。

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|