相続税の計算方法を本やサイトで調べてみると!

遺産総額が基礎控除を越えた分が課税されることがわかります。

それならば節税対策として生前贈与をしておけばいいと考える人は少なくないでしょう。

しかし、国税庁はそれほどあまくありません。

簡単な節税対策では、あまり効果がないのです。

つまり、生前贈与に対しても課税されることになります。


相続税は、生前贈与の贈与税と一体化しています。

生きているうちにもらった分、亡くなってからもらった分の総額に税金がかかる仕組み。

ただ、生前贈与を詳しく見てみると、節税対策は可能です。

どうすればいいのか?をしっかりと考えてください。

そのためには、相続税や贈与税の計算方法を知ることが重要なポイントです。

生前贈与については、計算方法などの情報がいろいろなサイトにあります。

法律事務所や税理士事務所に掲載されていることが多いようです。

もちろん、相続税がかかるほどの資産を持っていない場合は、ほとんど関係ないでしょう。



あなたは自分の資産の額を知ることから始めなければなりません。

どのような社会でも、節税対策に悩んでいる人や一生懸命に考えている人がいます。

もちろん、法律を無視することはできません。

ただ、考えて実行することで納税額を抑えることは可能なのです。

納税は国民の義務ですが、多く払ったとしても誰も褒めてくれません。

節税をして納税額を必要最小限に抑えることが大切なのです。

生前贈与では、1年間に贈与できる金額が決められています。

子どもが小さいうちから、少しずつ贈与していくといいのです。

スポンサードリンク
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »