自分が死亡したときに相続税がかかることを避けようとする人がいます。

まだ生きているうちに、残された遺産を分け与えようと考える人がいます。

この考え方は理解できますが、世の中はそれほど単純ではありません。

このようなケースは、相続税はかかりませんが贈与税の対象となります。

つまり、税の計算方法を見れば違いがわかります。


相続税と贈与税は、一体のものとして取り扱われます。

生前に親からたくさん贈与を受けていることがわかれば、遡って課税されます。

もちろん、そこまでの財産を残さなければ、基礎控除分として課税対象にはなりません。

どのような形であれ、お金を人から人へ移すことは課税対象と理解しておきましょう。

ただ、生前贈与に対する課税と相続税では計算方法が違います。

そのため節税対策として生前贈与をすすめている税理士も少なくありません。



一般の人にとって相続税は、お金持ちの税金だと言う意識があります。

実際に課税される人は、ごくわずかです。

ただ、自分がそのごくわずかに含まれていないことを確認しておくことは大切です。

土地や建物の評価額が予想以上に高くなるケースも少なくないからです。

もちろん、現代はバブル期ではありませんから、土地が高騰することはないでしょう。

しかし、周りが開けて交通の便が良くなってくると、土地は必然的に価値が高くなります。

相続人が少ないと、一人当たりの相続額が上昇するため課税の可能性も高くなります。

少しでも生前贈与で節税できるなら、その方法を選ぶべきでしょう。

計算方法について、しっかりと違いを把握しましょう。

スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |